路線を選ぶ

高速バスで向かえる場所はいくつも有りますが、その中には複数のバス会社が路線を提供しているところもあります。複数の路線が使える場合、路線ごとに料金が異なるので、それぞれを比較して安い路線を使うことで、高速バスをより安く利用することができます。その場合料金が安い代わりに気を付けなければならない点もあるので、そちらも合わせて確認しておきましょう。

高速バスの路線は、到着時間や発着自国などの違いのほか、使用しているバスにも違いがあります。長距離路線で料金が安い場合は、使用しているバスが4列シートになっていることが多く、乗客をより多く乗せられる分、料金を安く設定しています。料金が高くなるごとに、1+2列シートや3列シートといったバスを採用することが多いので、とにかく安く高速バスを利用したいなら、4列シートのバスを探しましょう。

高速バスの安い路線は、4列シートを採用していることが多いのですが、4列シートバスは非常に狭く、場合によっては知らない人と隣接して過ごすことになるので、中々落ち着くことが出来ないという意見も見られます。身体を動かすスペースも無いので、身体にかかる負担も大きく、お世辞にも快適とはいえないので、料金を優先することも大切ですが、快適さにも多少は目を向けたほうが良いでしょう。